サーフィンのパドリング 誰でも上達できる方法♪

 

サーフィンはパドリングが出来なければ話になりませんよね。

パドリングの上達は上級サーファーになるためには必須です。

そこで誰でも上達できるパドリングの5つのコツをご紹介します♪

ただし、コツを体得するためには〝努力“が必要だという事を忘れないでください♪

 

パドリングが上達する5つのポイント

まずはポイントを5つ紹介します。

 

  1. パドリングの姿勢(フォーム)
  2. パドリングの腕の使い方
  3. パドリングの手の形
  4. パドリングの足の位置
  5. 最適なボードを選ぶ

 

では5つのポイントをそれぞれ解説します。

 

パドリングの姿勢(フォーム)

サーフボードの重心と自分の重心がずれないように乗ります。これでバランスが崩れにくくなります。

 

臍のあたりでバランスを取る姿勢で乗り板のノーズが少し上がっている状態がベストです。

テールが下がらない人は、膝を少しだけ立てお腹の下に空間を作るような姿勢を取り、ボードを意識して下に押してみましょう。

 

パドリングの腕の使い方

腕の力だけで水泳のクロールのようなパドリングは疲れるだけで、推進力は小さなものになってしまいます。

 

胸を大きく広げて上半身を上げ、背筋やお尻の筋肉まで使えるようにします。

自分の肩甲骨を意識し、それを大きく動かすように腕を使います。

 

パドリングの手の形

手は自然な形で開き、水を掴む感覚でパドリングします。

早く進みたいと思うあまり手のひらを閉じた形でパドリングすると、抵抗が強すぎて疲労が進んでしまいます。

 

パドリングの足の位置

パドリングをしている時は、足は開かず水面に付けないことが大切です。

足の太ももの筋肉などを使って、テールを沈めるように押さえつけておくのが一番安定する方法です。

 

最適なボードを選ぶ

自分の技術と体重にあったボードを選ぶのも大切なことです。

パドリングが苦手な人は、浮力が強いボードを選ぶのも方法の一つです。

 

パドリングが上達しない理由

パドリングが上達しない理由は色々あります。思い当たることが無いか、チェックしてみてください。

 

  •  テールが下がり過ぎていませんか?
  •  ドルフィンスルーができていいますか?
  •  身体に余計な力が入っていませんか?
  •  ボードの浮力と体重があっていますか?
  •  ボードに乗る回数が少なすぎませんか?

 

パドリングの基本姿勢を意識するあまり、テールが下がり過ぎて波の抵抗が強くなっている場合は、重心を前にずらしながら自分のベストポジションを見つけましょう。

 

波をくぐるドルフィンスルーが上手にできないと、早く進むのは難しいですね。

また身体に余計な力、「力み」みたいなものがあると効率的なパドリングができません。

 

ボードが沈みすぎると感じたら、ボードの浮力とあなたの体重が合っていない可能性があります。

もう少し浮力のあるボードの変えてみましょう。

 

これらを克服するためには、実際に波に乗って練習する以外にはありません。

週末サーファーであれば、それなりの時間が必要だと覚悟して練習を重ねましょう。

 

まとめ

パドリングを上達するための方法をまとめてみます。

 

  • パドリングは姿勢(フォーム)・腕・手・足の使い方が重要
  • 自分の技量や体重に合わせた最適なボードを選ぶ
  • パドリングは地味な練習の積み重が大切

 

実際のパドリングは、波のスピードやボードの種類によっても違ってきます。

状況に合わせて、ゆったりしたパドリングが必要な場合や早いパドリングが必要な場合など、判断が必要なこともあります。

 

どんなパドリングをするかは、何度も何度も波に乗り失敗する中から自然と身に着くものです。

誰でも上達することができるパドリングですが、直ぐに上手くなるものではありません。

 

地味で地道な努力こそが、パドリングを上達する最速の方法だということを忘れないでください♪

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください