サーフィンで失速しないテイクオフができるたった一つのコツ♪

 

テイクオフする際に失速してしまったら、せっかくの波を掴んでも全て台無しです。

パドリングからの失速しないテイクオフは、サーフィンでは重要なポイントになってきます。そのコツはたった一つ。

プッシュアップテイクを覚えるだけです。

ではプッシュアップテイクのポイントを紹介します♪

 

 

 絶対身に付けたいプッシュアップテイクの3つのポイント

プッシュアップテイクとは、ボードを押しながら立つということです。

ほとんどのの場合、波にボードを押し上げられながら立っていることが多く、それに気が付かないままのサーファーが多いことも現実です。

 

波に押し上げられることで、ボードが失速してしまいます。

スピードの乗ったままテイクオフするプッシュアップテイクの3つのコツを紹介します。

 

  1. 肘を開きながら前傾姿勢で立つ
  2. 手を付くタイミングを体得する
  3. 足のポジショニンを素早く正確にする

 

3つのポイントをそれぞれ詳しく解説します。

肘を開きながら前傾姿勢で立つ

イメージで一番近いのは腕立て伏せで身体を持ち上げるときのポーズです。

腕立て伏せが床を押すように行われるのと同じように、ボードを押しながら上半身を上げます。

バランスを取りたくて胸を反らせて頭を上げてしまう事が多いようですが、これも腕立て伏せのイメージで前傾姿勢をキープすることが重要です。

 

手を付くタイミングを体得する

立つ瞬間にボードを止めてしまわないよう、両手でパドリングをした流れで素早く両手をボードに乗せます。

このタイミングは、何度も繰り返すことで体得することができます。

 

足のポジショニングを素早く正確にする

足をボードに置く動作は小さく素早くがキーポイントになります。

やってはいけないのは、お腹の下に空洞を作り足を置くという行為です。

お腹の下に空洞を作ると背骨が丸くなり頭が下を向き、ボードの押さえも不十分になります。

 

後ろ側の足は膝を外側に向けながら素早く乗せます。

前足をボードに置くと同時に手を放します。こうして常にボードを押さえておくことが大切です。

 

立ちあがったら次は足を正しいい位置に置きます。

重心がボードの中央にくる位置に足を置くことが重要です。

後ろ足はセンターフィーの上、前足はボード中央より少し前に置き、膝は柔らかく曲げます。

重心の調整が必要な時は、後ろ足で行います。

 

柔軟性と筋力は、サーファーにとっては大変重要な課題です。

日々のトレーニングがスムーズなテイクオフに繋がります。

サーフィンは海の中だけで上達するものでは無い事を念頭においてください。

 

 

 テイクオフが上手にできない理由…

頑張っているんだけど、上手にテイクオフが出来ないとか、失速していると感じたら次のことをチェックしてください。

 

  • 波の速度とボードの速度が同調していない
  • 技量に合わない難しい波に乗ろうとしている

 

スタンドアップするタイミングは、ボードが滑り出した瞬間です。

テイクオフするタイミングが遅いと前のめりになってしまいがちです。

これを防ぐには、気持ち早めのタイミングでテイクオフすると良いようです。

後ろ足に重心をかけ気味にし、後ろ足の膝でバランスを取るようにしましょう。

 

波に同調するためには早いパドリングが必要ですが、波に乗るという気持ちが強く、焦ってパドリングを止めるのが早すぎても上手にテイクオフできません。

パドリングに関しては下記のページを参照してください♪

 

 まとめ♪

失速しないテイクオフのたった一つのコツをまとめてみます。

 

  • プッシュアップテイクを覚えよう
  • 筋力と柔軟性をつけよう

 

サーフィンは体幹も含め、全身の筋肉を使います。

サーフィンを楽しんでいるうちに筋力がついてくれば良いというスタンスの人もいるでしょう。

しかし誰よりも上達したいとか、カッコよく波に乗りたいと思うなら筋力アップと柔軟性は重要です。

 

プッシュアップテイクは、部屋の中でイメージトレーニングもできます。

ぜひ「これぞサーフィン」という醍醐味を見つけてくださいね♪

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください