藤田伝吾ってどんな武将?「麒麟が来る」2020年NHK大河ドラマ

2020年NHK大河ドラマ「麒麟が来る」のキャスティング2回目が発表され、その中に藤田伝吾という武将がいます。

演じるのは徳重 聡さん。

NHK公式サイトでは、「明智家に仕える家臣。実直な性格だが、戦闘能力は非常に高く、常に光秀のそばに寄り添う。」とあります。

徳重さんは、大人気ドラマ「下町ロケット」で、みんなに馴染まない必ず定時で帰る嫌味なエンジニアを好演していました。

しかし内に秘める情熱は誰にも負けないという雰囲気が、演技からにじみ出ていたように感じます。

そんな徳重さんが演じる藤田伝吾とは、いったいどんな武将だったのでしょうか?



藤田伝吾とは

伝吾、あるいは伝五郎は通り名で、正式には藤田 行政(ふじた ゆきまさ)といいます。

明智五宿老の1人と伝わる人物です。

明智五宿老については後述します。

生年及び前半生は光秀同様不明。

光秀の父、光綱の時代から明智家に仕えていたという資料もあります。

本能寺の変の後、光秀と縁戚関係にあった大和郡山城主・筒井順慶を味方に引き入れようと出かけましたが断られ、筒井に追い返されてしまいました。

山崎の戦いでは明智軍右翼隊を率い、体中六箇所に負傷し、淀まで退却。

翌日光秀が逃げ込んだ勝龍寺城陥落の知らせを受けて、自刃しました。

没年は1582年。

山城国静原山城主として明智光秀を支え続けた一生だったようです。

山城国静原山城は、信長公記によると『京都静原山に楯籠候御敵山本対馬、明智十兵衛調略を以て生害させ、頸を北伊勢東別所まで持来り進上』 とあり、この後の管理を藤田伝吾に任せたものと思われます。

明智五宿老とは

明智光秀が信長に仕える前から光秀に仕えていた古参の重臣、明智秀満・明智光忠・斎藤利三・藤田行政・溝尾茂朝(しげとも)の5人を指します。

本能寺に攻め込むことも最初に打ち明けられていたのではと考えられています。

藤田伝吾は、本能寺の変を起こすことには反対していたようです。

しかし当主である光秀の決意は固く、結局は光秀に従い、明智光忠、溝尾茂朝とともに第二陣4000を率いて参戦しました。

藤田伝吾(藤田行政)が登場する本・ドラマ

「人を大切に細川忠興戦記 本能寺将星録 上」の中に、一文字だけ登場しています。

『二条新御所を攻めているのは藤田行政、光秀の宿老の一人である。・・・・明智軍団でも屈指の豪傑であった。』

本能寺の変後の様子を描いた「細川忠興戦記 本能寺将星録 下」では、こんな風に登場しています。

『主は筒井殿こそが頼りなれば、一刻も早く都へ』と、明智に味方するよう決死の思いで説得を試みている様子が描かれています。

その他には、「安土大乱期」や「明智軍戦記」などにも登場してはいますが、どれを見ても豪傑という風貌を崩すものはありません。

前半生が不明ということもあり、彼を主人公にした書物は見つかりませんでした。

一方ドラマでの登場は、今回が初めてかもしれません。

信長を倒した謀反人としての光秀が描かれることが多かったためでしょうか。

ゲーム信長の野望には登場しています。

声のキャラが「真面目」「中年」「威厳」などと設定されており、面白いですね。

どちらかというと今までは陰の薄かった藤田伝吾を、2020年NHK大河ドラマ「麒麟が来る」では、徳重 聡さんがどんな風に描いてくれるのか楽しみです。

歴史とは勝ったものが作ってきたものです。

しかしその後ろには、当然ですが負けた者の歴史もあり、勝敗に関係なく連綿と続く庶民の歴史があり、踏みつぶされた人々の歴史もあります。

スポットの当て方で歴史の見え方が変わってくる、次回のNHK大河ドラマはそれを実際に表現してくれるものとして筆者も楽しみにしています。



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください