「麒麟がくる」総集編2回目【動乱】8月16日放送

麒麟がくる総集編第2回目、「動乱」が放送されます。

戦国と総称される時代を生きた明智光秀や織田信長達ですから、動乱は当たり前といえば当たり前。

人は平穏に幸せに生きたいというささやかな望みを持ちつつも、欲がそれを許さずに戦い続けるみじめな生物だと・・・

さて、今夜の動乱は、どんな総集編を見せてくれたのでしょうか!?



「麒麟がくる」総集編2回目【動乱】8月16日放送

駿河の今川義元が、織田を倒すべく尾張を攻め込んできました。

一方、同盟を結んだはずの織田と斎藤でしたが、織田信秀の援軍要請を斎藤道三は断ったのです。

嫁いだ帰蝶の立場が苦しくなることを心配した光秀は、近江にいる将軍・義輝に両国の和議を取り持つように直訴し、なんとか戦をやめさせることに成功しました。

足利義昭が、「未だ麒麟を見ることができぬ。無念じゃ」という言葉が、胸に刺さります。

その後、信長に会いたいという道三に対し、帰蝶が軍師的な働きを見せます。

なんといっても凄かったのは、伊呂波太夫に面会した帰蝶が、「手付じゃ」とにんまり笑いながら、金粉が入った袋の中身を、床に垂れ流したシーンです。

織田信長の個人プロヂューサーとして、こんなに適任な人間はいないと、手をたたいて笑ったことを思い出しました。

再び今川が織田に攻め入った際、道三は信長に援軍を出します。

一度会った信長を、息子以上に道三は気に入ってしまったのです。

この行為を、美濃をつぶすと考えた義龍は反対しますが、道三は聞き入れません。

そんな中、斎藤道三と嫡男との間の対立が激化し、弟たちが嫡男・高政に殺されます。

最初、光秀は義龍の平和主義的な考え方に賛同をしていたのですが・・・

下剋上の世の中、子が親を殺すというシーンも、珍しくはなかったのかもしれません。

しかし、人として違和感を感じるのは、光秀も同じだったようです。

それにしても総集編は、あまりに駆け足で・・・どうせなら、もう少しじっくり見たかったと思うのは、筆者だけでしょうか!?

「麒麟がくる」新しいキャストが発表されました

「京~伏魔殿編」の、新しい登場人物が発表されました。

このまま撮影が続くと思うと、ホッとします。

それぞれの登場人物については、後日改めて詳しく紹介したいと思います。

NHKの発表は、こちらです

「麒麟がくる」まであと2週 これまでの名場面全て見せます 総集編2回目『動乱』 再放送

総集編も本編同様に再放送が行われます。

見逃してしまったとか、もう一度見たいときは、ぜひ再放送を利用してください。

総合テレビでは、8月21日(土)午後1時5分から。

BS4kでは、8/23日(日)午前8時から。

総集編ではなく、しっかり総復習をしたいという人は、U・NEXTで、全編一気観もできます。

1ヶ月無料の見放題という特典を利用して、一気に復讐しておくのも良いかもしれません。

無料で見られるコンテンツが14万本以上と、見逃し配信などは放送直後から観られるというリアクションがダントツで早いのも特徴です。

またU・NEXTでは、NHKオンデマンドサービスを展開しています。

詳細はこちらで確認してください。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください