NHK 麒麟がくる 1月26日放送のあらすじと感想・ネタバレ 再放送の時間も

★NHK 麒麟がくる 1月19日放映のあらすじと感想・ネタバレごめん! 再放送の時間も の記事はこちらへ☟☟

NHK 麒麟がくる 1月19日放映のあらすじと感想・ネタバレごめん! 再放送の時間も

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」・2回目の放送が終了しました。

1回目の視聴率は、関東も関西も19%超え。

この19%超えは、「真田丸」の19.9%以来4年ぶりの快挙。

老若男女問わず、かなり好印象を持たれた様子で、ひとまず安堵♪

私が気になった衣装の色も、沢山の人が「色がチカチカする」などと投稿があったようですが、これについては「時代考証」に則した形で決めているといった回答がありました。

ということは、今まで観てきた時代劇こそが、地味すぎたってこと!?

歴史も少しずつ変わっているということが、ここでも実感できました。

そしてとくに高評価だったのが、川口帰蝶です。

彼女のまっすぐな視線に大絶賛!

すでに代役ではないという声が、ここ1週間聞こえてました。

ところで、道三が「嫁にやった娘・・・」と言ったのを覚えてますか?

この時帰蝶は、美濃の守護・土岐頼純に嫁いでいました。

道三は土岐頼純の家来に過ぎず、立場は守護代ですが、実験は道三が握っていたようです。



麒麟がくる第二話 「道三の罠(わな)」あらすじと感想

堺で鉄砲を買い、京で名医を見つけて美濃に戻るという道三との約束を守り、明智光秀は望月東庵(堺正明)と、駒(門脇麦)を連れて、美濃に戻る道中にあります。

しかし行く手には、美濃侵略をもくろむ織田信秀(高橋克典)の大群が迫ってきます。

道三をこれを知って、光秀や嫡男・斎藤義龍が反対する中、籠城を決めました。

この戦いを加納口の戦い、または井ノ口の戦いといいます。

織田信秀は、道三の本拠地、岐阜城のすぐ近くまで攻め入っています。

そしてこの籠城こそが、道三が仕掛けた「罠」だったのです。

敵を欺くには観方から! を地で行く作戦で、織田信秀の軍を打ち破った道三。

その戦いで、侍大将の首二つをノルマとされた明智光秀は、力のかぎり戦います。

しかし、討った侍大将が叔父に似ていたことで、首を取ることを躊躇。

そして思うのです。

「これが侍の誉れか!? こんなことが……」

一方、戦いに勝った斎藤道三は、娘の嫁ぎ先だった土岐頼純を毒殺。

道三は毒殺が得意技ですが、ここでもか!?

史実とされているものが正解だとは言いきれないのが現実です。

もしかしたら、こういうこともアリだったのかもしれませんね^^;

色は相変わらず鮮やかで、重厚さは希薄な気がしますが、それも登場人物を今まで掘り下げてきたからこそだと思います。

一緒にテレビを観ている家族に、「この人はね・・・」と説明したくなりましたが、それはやめました。

ドラマに集中していたいからという理由と、人それぞれの見方があるからとうのが理由です。

私のブログを読んでくれてる人なら、きっと「ここ、違うなぁ」とか、「この人、キャラこれで良いの」とか、思ってくれていると思います。

2月1日の、第3回麒麟がくるを楽しみに待ちましょう。

まだまだ歩き始めたばかりの明智十兵衛を、一緒に応援していきましょうね!



1月26日の放送を見逃したら再放送を!

1月26日の放送を見逃してしまったら、再放送があります。

2月1日(土)午後1:05~

お出かけするから、再放送を見られないという人は、必ず録画登録をしておいてください。

再放送も見逃した! 録画を忘れた! 評判が良いから最初から観てみたい! …なら

U・NEXTを試してみませんか?

31日間お試し無料! しかも今なら登録するだけで、600ポイントもらえます。

ポイントは、U・NEXTの中にある新作や、現在放映中の作品を観るために必要な「課金」で利用することができます。

次月からは1990円の支払いが必要ですが、毎月1200ポイントがもらえるので、実質790円の支払いになります。

見放題は140,000本以上、そのほか雑誌なども読み放題が70誌以上。

雑誌の中には当然ですが、コミックや週刊誌・月刊誌もあります。

一度覗いてみてくださいね^^

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください