麒麟が来た!やっと!! 第22回NHK大河ドラマ麒麟がくる「京よりの使者」8月30日放送

麒麟がきましたねぇ! やっと来たとしか言いようのない感慨です。

さて、21回の放送を思い出してみましょう。

サブタイトルは「決戦!桶狭間」でした。

桶狭間の記事はこちらです。

今川に勝利し、帰途についた信長と、信長を追った光秀が再開しました。

そこで信長は、「帰蝶は母親じゃ」と、嬉しそうに言い放ったのです。

それじゃぁ、帰蝶が可哀そうだと思ったのは、筆者だけではなかったはずです。

今回から、新たな場面が展開します。

では、そのストーリーを紹介しましょう。



麒麟がくる 第22回「京よりの使者」あらすじ

三好長慶が幕府の実権を握るようになり、剣豪将軍として名高かった足利義輝は、すっかり操り人形になっていました。

覇気もなく、希望もなくした将軍の話し相手にと、藤孝らが呼び寄せたのが光秀だったのです。

京に行くという光秀に、朝倉義景は、「家のことは心配するな。わしがしっかり面倒をみよう」というのです。

美しい妻・煕子が心配と思ったのは、筆者だけでしょうか^^;

光秀が将軍に呼ばれるというのは、立場的にというか身分的にというか、実際は、矛盾を感じる流れですが、まぁドラマだし・・・今までもこうしてやってきたのだし・・・ということで、そこは考えないことにします。

義輝の希望は、京の実権を握っている三好長慶を討てということでした。

しかし、将軍たるものが、気にいらない家来がいるからと、いちいち殺していては、将軍の権威が地に落ちるとあきらめ顔で語るのでした。

義輝と話した光秀は、義輝の実権を取り戻すため、破竹の勢いの信長を京に連れてくると約束し、義輝はおおいに興奮した様子でした。

しかし約束をしてしまった光秀は、自分が口に出してしまったことに不安を感じおびえます。

駒のいない東庵の診療所を訪ね、こういうのです。

信長に京への上洛を促すのは、大きな山に登るような困難だと胸の内を吐露しました。

しかし、東庵は、山は高ければ高いほど、大きければ大きいほど良いではないですが。

登った時に見渡せる景色は、格別です。

今は、目の前のことを地道に解決するいがにないのでは・・・

これを聞いて、光秀は迷いが吹っ切れたようにみえました。

一方、駒はというと、東庵とけんかをし、診療所を飛び出し伊呂波太夫の元に行ってしまいます。

太夫と一緒に訪れた大和で、貧しいものたちに手を差し伸べる一人の僧侶に出会いました。

この僧侶こそ、第15代足利将軍・義昭なのです。

駒って、いつもいつもタイミングが良いというか・・・不自然さを感じるくらいですが、これも考えないことにします。

今後の見どころの一つはは、この優しいだけの義昭が、信長包囲網を敷くまでに変貌していくというストーリーでしょうか。

麒麟がくる「京よりの使者」の 再放送

本編を見逃してしまったとか、もう一度見たいときは、ぜひ再放送を利用してください。

総合テレビでは、9月5日(土)午後1時5分から。

BS4kでは、9月6日(日)午前8時から。

今までのストーリーを、しっかり総復習をしたいという人は、U・NEXTで、全編一気観もできます。

1ヶ月無料の見放題という特典を利用して、一気に復讐しておくのも良いかもしれません。

無料で見られるコンテンツが14万本以上と、見逃し配信などは放送直後から観られるというリアクションがダントツで早いのも特徴です。

またU・NEXTでは、NHKオンデマンドサービスを展開しています。

詳細はこちらで確認してください。

おおまかなあらすじだけ分かれば良いという人は、NHKのトリセツを利用してみても良いでしょう。

これからのストーリー展開は、きっと急ピッチになってくるのではないでしょうか。

群像劇がテーマですから、戦闘シーンはあまり描かれない大河かもしれませんね。

とにもかくにも、再スタートができて良かった! 日曜日の楽しみが、戻ってきた記念日になりました。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください