ロングライドができなきゃ中級者とは言わない!未公開のコツを伝授 

サーフィンを始めたばかりのころは、岸に向かう波にのってまっすぐ滑っていたのではないでしょうか?

少し上達したなと感じるのは、波を横に滑れるようになった時ですよね?

もっと上達したいと思ったら、ロングライドできるサーファーになることではありませんか?

 

上手なサーファーは、インサイドの方まで長く乗れていますよね。

あのテクニック真似してみたいと思いませんか?

ここではロングライドのコツを紹介します♪

 

超簡単「ロングライド」できるポイント、波選び!

 

ロングライドは簡単だよって言ったら挑戦してみたくなりませか?

実際、波を選ぶ目を持つ事でロングライドが実現します。

 

波を選ぶとは、波のパワーゾーンを意識するという事になります。

波のパワーゾーンはボードの推進力を生むものです。

そこに乗り続けることができれば、ロングライドは達成できます。

そのためには、それなりのパワーゾーンを持つ波を選ぶという事が重要です。

 

また視野を広く持つことも大切です。

視野の広さは的確な状況判断や動作に繋がります。

結果的にこれがロングライドに繋がります。

一点だけを見ているとか崩れる波のリップだけを見ているといったサーファーは、ロングライドの実現は遠いかもしれません。

 

 パワーゾーンをキープするテクニック がいくつかあります。

「カットバック」「ストール」「フェードターン」などがそれです。

しかしテクニックに走る前に、波を倫理的にとらえ戦略をもって最後まで大切に乗るという意識の部分が一番大切です。

 

 

テイクオフがロングライドの成功を決める!

ロングライドのキーポイントはテイクオフにあります。

まずテイクオフのときに頭が真っ白な状態では広い視野を得ることは絶対できません。

 

必死にパドリングして波に乗っても、ゼイゼイを息が切れている状態でもロングライドには繋がりません。

すべてのコンディションが整った状態でテイクオフできてこそ得られる広い視野だということを忘れないでください。

 テイクオフのページはこちら ⇩ 

 

では、広い視野を得るためのテイクオフのポイントを3つ紹介します。

 

  • しっかりとピークを見ながらピークに入っていく
  • ピークに入ったらうねりの先まで確認する
  • 降りるべきボトムに視線を向ける

 

サーフィンに限らず、行く着く場所(ボトム)を意識しなければそこまで行く着くことはできません。

たとえ最初はそこまで行けなかったとしても、ボトムを意識して波に乗るということが大切です。

 

あなたはテイクオフした後、何が見えていますか?

波の斜面が見えていますか?

もし見えていないとしたら、あなたが滑るラインはどこですか?

 

自分の滑るべきライン取りが出来ていなければ、目的地に到達することは不可能です。

上記の3つのポイントをもう少し詳しく時系列に分解してみます。

 

  1. 波のピークを見て自分の進む方向を確認する
  2. 方向を判断したら、ピークのどこでテイクオフするか決める
  3. ピークに入ったら自分の進行方向に目線を向ける
  4. うねりの先まで確認し波の状態を把握する
  5. ボトムに視線をおく

 

サーフィンを始めた最初は、テイクオフした時は何も見えていないかもしれません。

テイクオフする事に必死で頭が真っ白だとしても仕方がありません。

でも、サーフィンの全ての肝はテイクオフにあります。

冷静沈着なテイクオフが出来れば、ロングライドは自ずと実現します。

 

 

まとめ

ロングライドのポイントは、パワーゾーンをキープすること。

そのためには波を選び、斜面を認識しボトムに目線を置くことが大切です。

そして何よりも重要なのは、選んで乗った波の一つ一つを丁寧に、考えながらボードを走らせることです。

 

サーファーにとって、ロングライドこそがサーフィンです。

波に遊ばれるのではなく、波と戯れて楽しめるサーファーになれるよう頑張りましょう♪

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください