NHK 麒麟がくる 2月9日放送のあらすじと感想・ネタバレ 再放送の時間も

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第四回目の今日は、「尾張潜入命令」というサブタイトルがついています。

3回目の放送では、帰蝶の役が変わったことで取り直しを余儀なくされ、時間のギャップを発見した人もいたようです。

途中の映像で、それまでは豊かな緑の背景だったのに対し、突然枯れ葉色の背景に変わった時があっとか。

私も見直しはしていないのですが、今後はそうした風景にも目を配っていきたいと思います。

さて、麒麟がくる第三話は、平均視聴率16.1%。

第二話の17.9%からは1.8ポイントのマイナス。

ですが三話連続16%超えは、真田丸依頼という快挙です。



麒麟がくる 第四話 「尾張潜入命令」ネタバレと感想

第四話では、小さな徳川家康も登場。

しかし今回のあらすじには、大きくかかわることはありません。

ただ徳川の本拠地・三河の現状を描写するにすぎませんでした。

この竹千代の登場が、今後どんなふうに絡んでくるのか、楽しみなところです。

今日の医師・東庵は、斉藤道三の正妻・小見の方の病状を好転させ、京に帰ることになりました。

しかし抜け目のない道三は、東庵が織田信秀と知り合いであることを既に突き止めています。

この時、織田信秀は今川義元との戦いで深手を負い、寝込んでいるとのことでした。

その信秀の状態を知らせと!と、道三は東庵に迫り、東庵はこれをいったんは断りました。

しかし道三は駒を人質にとられ、こう言います。

「織田信秀様には、双六に負けた借金がある。それを肩代わりしてくれるなら、症状を伝えよう」

尾張に向かう東庵を追って、明智光秀と菊丸が薬草売りに化けて尾張に潜入するというストーリーです。

麒麟がくる 2月2日放送のあらすじと感想・ネタバレ 再放送の時間も の記事はこちらへ☟☟

NHK 麒麟がくる 2月2日放送のあらすじと感想・ネタバレ 再放送の時間も

東庵は織田信秀の診察をしながら、道三が双六の借金を自分に代わって払ってくれることを、あっさりと言ってしまいます。

笑っていた信秀ですが、裏があることを察知したに違いありません。

東庵からの文をもって美濃に帰ろうとする二人を、信秀は追うように命じます。

追手に阻まれた明智光秀と菊丸。

窮地を救った石つぶて。

1人ではないその人たちは、いったい誰?

そして菊丸のあの表情は、いったい何を隠しているのでしょうか?

人質となった駒のその後は!?

気になる人は、再放送を待ちましょう。

それにしても、斎藤道三・モックンの怪演が今回も光りました。

主役の明智光秀・長谷川博己さんを、徹底的にくってますよね(笑)

息子・義龍に敗れる道三ですが、モックンの演技はずっとみていたいなぁ…って、筆者だけでしょうか!?

2月9日の放送を見逃したら再放送を!

2月9日の放送を見逃してしまったら、再放送があります。

2月15日(土)午後1:05~

前日のバレンタインからずっと出かけている予定の人は、必ず録画登録をしておいてください。

再放送も見逃した! 録画を忘れた! 評判が良いから最初から観てみたい! …なら

U・NEXTを試してみませんか?

31日間お試し無料! しかも今なら登録するだけで、600ポイントもらえます。

ポイントは、U・NEXTの中にある新作や、現在放映中の作品を観るために必要な「課金」で利用することができます。

次月からはひと月1990円の支払いが必要ですが、毎月1200ポイントがもらえるので、実質790円の支払いになります。

しかも課金された金額の40%が、ポイントで戻ります。

となると、実質はもっと安くなる可能性がありますね。

家族の1人が申し込めば、4人分のアカウントまで登録可能です。

無料視聴可能な、最初の1か月のうちだけ楽しむという方法も良いと思います!

あらすじだけ、ざっと見たいというなら、NHKの公式サイト「5分でわかる大河ドラマ」のコーナーがおすすめです。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください