NHK 麒麟がくる 4月12日放送のあらすじと感想・ネタバレ 再放送の時間も

前回、4月5日放送の麒麟がくる12話「十兵衛の嫁」のリアルタイム視聴率は、14.6%。

前々回放送の「将軍の涙」を0.2ポイント、上回りました。

さて、十兵衛の嫁の反響はどうだったでしょうか?

斎藤道三暗殺が未然に終わったとはいえ、家臣が命を落としました。

織田家も、織田信秀が死んで、新しい局面が展開し始めます。

ドラマ全体のかじ取りがカーブを描くかのような先週の放映でした。

「結婚までが、あっさりしすぎ~~ww」
「光秀の恋バナが少しほしかった」
「鷹匠が可哀そうすぎ! 腕に毒シミシミだったんかなぁ」
「染谷翔太の演技、キモイけど見入ってしまうわぁ」
「信長は、そうとう帰蝶に心開いてる様子だな」などなど、たくさんツイッターが賑わっていたようです。

さて、4月12日放送の麒麟がくるを紹介しましょう。



麒麟がくる 第13話 「帰蝶のはかりごと」ネタバレと感想

いよいよ豊臣秀吉が登場します。

秀吉役は、前回、4月5日放送の麒麟がくる12話「十兵衛の嫁」のリアルタイム視聴率は、14.6%。

前々回放送の「将軍の涙」を0.2ポイント、上回りました。

さて、十兵衛の嫁の反響はどうだったでしょうか?

斎藤道三暗殺が未然に終わったとはいえ、家臣が命を落としました。

織田家も、織田信秀が死んで、新しい局面が展開し始めます。

ドラマ全体のかじ取りがカーブを描くかのような先週の放映でした。

「結婚までが、あっさりしすぎ~~ww」
「光秀の恋バナが少しほしかった」
「鷹匠が可哀そうすぎ! 腕に毒シミシミだったんかなぁ」
「染谷翔太の演技、キモイけど見入ってしまうわぁ」
「信長は、そうとう帰蝶に心開いてる様子だな」などなど、たくさんツイッターが賑わっていたようです。

さて、4月12日放送の麒麟がくるを紹介しましょう。

麒麟がくる 第13話 「帰蝶のはかりごと」ネタバレと感想

いよいよ豊臣秀吉が登場します。

秀吉役は、佐々木蔵之介さん。

この役も、今までの豊臣秀吉のイメージを覆すものでした。

まずは今回のあらすじを紹介します。

前回、暗殺を阻止した形の道三ですが、怒り心頭のまま、土岐頼芸を攻めると通達しました。

それを聞いた嫡男・義龍は、土岐側に着くと明言し、それを光秀にも強要します。

決断を迫られた光秀は道三を訪ね、国を滅ぼす戦になると道三を諫めます。

道三は、土岐頼芸を追い出すが、殺すつもりはないこと、国衆の緊張感を持たせるための芝居だと打ち明けます。

一方、義龍らに担ぎ上げられた土岐頼芸は、戦の話を聞かされただけで逃げ出してしまいました。

真の父を失ったという義龍に対し、真の父は自分だと苦々しい顔で伝えます。

そしてこれでは家督は譲れないと、義龍に宣言したのです。

織田家では、家督が信長に譲られ、新体制になろうとしていました。

しかし信長の周りは敵だらけ。

そこに道三からの手紙が届きます。

家督を継いだ信長に会いたいというものです。

信長は、呼び出しに応じ道三と会えば、自分を殺し、尾張を手に入れるつもりだろうと考えました。

しかし会わなければ和議はないものとなり、帰蝶が美濃に帰らなければなりません。

思わず帰蝶の手を握る信長。

父・道三の思い通りになるものか!と帰蝶が考えた“はかりごと”とは!?

伊呂波太夫は、傭兵を集めることができるとか・・・裏のありそうな人物、伊呂波太夫は、根来衆とかなり近い人物らしいです。

そんな伊呂波太夫に頼まれた東庵と駒は、豪商の病弱な子供を診察するために、駿河に向かっています。

このことを頼んだ時の伊呂波太夫も、ニンマリと笑っていました。

その伊呂波太夫に会いに行き、傭兵を集めるよう依頼したときの帰蝶・川口春奈の顔をみて、今更ながら帰蝶は川口春奈でよかったと納得しました。

伊呂波太夫にも勝るとも劣らぬニンマリ顔、絶品でした。

「これは父上と私の戦」という帰蝶に、「儂の戦を横取りするつもりか」と嬉しそうな信長。

似たもの夫婦であり、信長の一枚上をいく帰蝶の存在感が、ますます際立つ回でした。

4月12日の放送を見逃したら再放送を!

4月17日(土)午後1:10~

今度は見逃さないように、出かけるときは録画予約を忘れずに!

再放送も見逃した! 録画を忘れた! 評判が良いから最初から観てみたい! …なら

U・NEXTを試してみませんか?

家にいる時間が長い今だから、1ヶ月無料の見放題はありがたいです。

無料で見られるコンテンツが14万本以上と、見逃し配信などは放送直後から観られるというリアクションがダントツで早いのも特徴です。

またU・NEXTでは、NHKオンデマンドサービスを展開しています。

詳細はこちらで確認してください。

大河ドラマが見れる動画配信サービスを比較してみた!

https://www.nhk-ondemand.jp/

また、あらすじだけ分かれば・・・というなら、こちらのダイジェスト版でも良いかもしれません。



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください