NHK大河ドラマ麒麟がくる第25話「羽運ぶ蟻(あり)」9月27日放送あらすじと感想

麒麟がくる24話「将軍の器」の視聴率は、13.1%でした。



前々回は13.4%だったので、じわじわと落ちている感は否めません。

やはり、途中中段が影響しているのでしょうか?

前回の将軍の器では、まさかのオープニング前に義輝が暗殺されるというシーンが放送され、観ていた私も驚きました。

しかし、これには、制作スタッフ側の意図が反映された結果だそうです。

足利13代将軍義輝、将軍としての活躍の場を見出すこともできないまま、それでも武術に優れた義輝の美学を描きたかったそうです。

歯がゆい思いの一生だったでしょう。

最後に見せた勇壮な太刀さばきは、見事なものでした。

麒麟がくる25話「羽運ぶ蟻(あり)」あらすじ

1566年、いよいよ覚慶は還俗し、足利義昭と名乗ります。

将軍の器であれば匿う覚悟があると言っていた朝倉からは、まだ前向きな返事が届かないまま、越前の敦賀に足止めされたまま春を迎えてしまいました。

そのころ京では、次期14代将軍への最短距離の役職・左馬頭に、足利義栄が任命されてしまいました。

光淵や細川など、足利義昭を将軍にと考えている人たちは焦ります。

しかし、当の義昭は、将軍職にはあまり乗り気ではない様子を見せています。

同じ年8月、織田信長がやっと美濃を平定しました。

美濃に残っていた藤田伝伍から文が届き、半分焼けてしまった明智の館も、伝伍たちの手によって復旧されたことを知りました。

光秀の母・牧は、明智の庄に帰りたいと光秀にいいます。

信長が平定した美濃なら、危険もなく帰れると判断した光秀は、母を連れて美濃に帰郷しました。

美濃では、村人たちが牧の帰郷を祝い宴会を開いてくれました。

村人たちに囲まれて心から楽しそうに歌い踊る母をみて、光秀の表情も柔和な笑みを浮かべています。

美濃を平定した信長は、この時、稲葉山城にいました。

稲葉山城で光秀は、信長に「自分に仕えないか」と打診され、断っています。

救えるは手立てがあったはずの足利義輝を、むざむざ殺されるような事態になったことに、光秀は自責の念にさいなまれ、心の整理がついていなかたのです。

一方信長も悩んでいました。

数年かけて手にした美濃ですが、この後の目標が定まらないでいたのです。

そこで光秀は上洛をすすめました。

将軍に力を貸して幕府を再考すれば、京に近い畿内が手に入ると、大きな国の構想を信長に伝えたのです。

信長は、畿内が手に入れば堺も手に入るかと、光秀に問います。

光秀は、それも可能と答えると、信長は一気に興味を見せます。

南蛮などとの貿易をすることが、前々からの夢だったというのです。

それが叶うのであればと、信長は乗り気を見せます。

越後に戻った光秀を、義昭が訪ねます。

そしてこんな話をするのです。

庭の蟻を見ていた・・・と。蟻は大きな蝶の羽を、一人で運ぼうとしていた。

だが、大きな羽は、1匹の蟻では思うように運べず、四苦八苦していた。

と、そこへ、別の蟻が手伝いに現れた。が、その蟻は、手伝いなどいらぬと・・・

その蟻は、自分だ。皆の支えがあれば、大きな羽を運ぶ蟻になれるのかもしれないと思った。

将軍になれば、貧しいものたちも、救えるのではないかと・・・

最初のオープニングで、蟻を見つめ続ける義昭が、突然何かに思い当たったような顔をしたのですが、このことだったのですね。

織田と義昭の蜜月が、いよいよ来週からスタートしそうです^^

麒麟がくる25話「羽運ぶ蟻(あり)」の 再放送

本編を見逃してしまったとか、もう一度見たいときは、ぜひ再放送を利用してください。

総合テレビでは、10月3日(土)午後1時5分から。

BS4kでは、10月4日(日)午前8時から。

休止前ストーリーも、しっかり総復習をしたいという人は、U・NEXTで、全編一気観もできます。

1ヶ月無料の見放題という特典を利用して、一気に復讐しておくのも良いかもしれません。

無料で見られるコンテンツが14万本以上と、見逃し配信などは放送直後から観られるというリアクションがダントツで早いのも特徴です。

またU・NEXTでは、NHKオンデマンドサービスを展開しています。

詳細はこちらで確認してください。

おおまかなあらすじだけ分かれば良いという人は、NHKのトリセツを利用してみても良いでしょう。

光秀も、ようやく歴史の表舞台へと動き始めます。

親孝行で愛妻家、広く大きな英知の塊のように描かれている今回の光秀。

今後、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか。毎回、とっても楽しみです。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください