NHK 麒麟がくる 5月24日放送のあらすじと感想・ネタバレ 再放送の時間も

前回、5月17日放送の麒麟がくる「越前へ」のリアルタイム視聴率は、15.1%でした。

前々回が14.9%でしたから、0.2ポイントあがったようです。

おおむね良好な高視聴率帯にいつづけていますね。

なのに!なのに!!

もうすぐ放送が中断してしまうなんて、コロナ禍の最中、仕方のないことですが、このうっぷんをぶつける先がありません!

さて、先週からシーンが美濃から越後に移ったわけです。

新たなキャストも登場していますが、越後編以降に登場する人物像は、放送中断の時にでも詳しく解説したいと思います。

「越前へ」を観た視聴者の感想を拾ってみました。

駒の命の恩人が光秀の父。光綱だということ、視聴者は知ってたもんね(笑)

伊呂波太夫は、菊丸の正体を知ってそうだったよね^^

信長は結局帰蝶に遠隔操作されてるし、光秀も似たような感じww

確かに、帰蝶の存在感は大きいと、筆者も感じています。

引き換え、駒って、必要な登場人物なの?とも思えるのですが、どうですか?

あとで何か繋がってくるのでしょうか?



麒麟がくる 第19話 「信長を暗殺せよ」ネタバレと感想

京の都を震撼させる斎藤義龍(高政)の陰謀、それが「信長を暗殺せよ」でした。

前回、信長は弟を毒殺します。

信長を毒殺しようとしていた図り事を、逆手に取った形ですが、母・土田御前は、信長にこういいます。

「弟を殺しただけではない。この母をも殺したのじゃ!これから何を縁に生きたらいいのか・・・」

母の腹から生まれた同じ子供として、信長の苦悩はどれほどだったかと、思いを寄せずにはいられません。

2年後・・・

越前で、つつましい生活を送っていた光秀のもとに、朝倉義景から呼び出しがかかります。

13代将軍、足利義輝が三好長慶と和睦し、京に戻っているのが、様子を見て来いという指示でした。

将軍から、各地の大名に、京にあいさつにくるようにという手紙が届いていたのです。

朝倉義景は、それを怪しんだことで、光秀の指名となったわけですが、しかし、なんで一介の浪人である光秀に、この指令が??

京に行った光秀は、義龍が信長暗殺を企てているという噂をキャッチします。

将軍からの手紙で京に上る途中の信長を、暗殺するという計画でした。

そこで松永久秀と協力して、光秀は、これを阻止。

久しぶりに斎藤義龍と京で再開します。

義龍は相変わらず、美濃に戻って自分を助けろといいます。

城を焼かれ、田畑を荒らされ、叔父を殺され・・・光秀が「うん」というわけないやろが!

ですが、義龍は、弟たちを殺し、父を殺した自分を、後悔していると光秀に告げました。

一方、信長は、将軍の力がかなり弱まっていることを知り、独自の路線を見つけようと必死です。

うつけという噂だが、ただのうつけではなさそうという、松永久秀の言葉に、思わずうなずいてしまいました。

麒麟を呼ぶのは誰なのか!?

光秀が中心ではありますが、当時の群雄を描く今回の麒麟がくる。

登場人物や場面が目まぐるしく変わりますが、これからがいよいよ本番に入っていきそうな予感です。

どうせなら、光秀をドンと主人公にしてほしい気がしますが、それは今後の大河に期待しましょう。

5月24日の放送を見逃したら再放送を!

5月29日(土)午後1:10~

今度は見逃さないように、出かけるときは録画予約を忘れずに!

あらすじだけ分かれば・・・というなら、こちらのダイジェスト版でも良いかもしれません。

U・NEXTで、全編一気観もできます。

家にいる時間が長い今だから、1ヶ月無料の見放題はありがたいです。

無料で見られるコンテンツが14万本以上と、見逃し配信などは放送直後から観られるというリアクションがダントツで早いのも特徴です。

またU・NEXTでは、NHKオンデマンドサービスを展開しています。

詳細はこちらで確認してください。

大河ドラマが見れる動画配信サービスを比較してみた!

 



 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください